モテる男女のキホン

パーソナルスペースとは?モテる人が意識してる相手との「距離感」

更新日:

男女のパーソナルスペース
[br num="1"]
[cc id=2061 title="◇"]
[br num="1"]
[char no=1 char="管理人SHUN"]こんにちは!モテモ管理人SHUNです!
今回は「モテる人が意識している距離感『パーソナルスペース』」について解説していくよ![/char]
[br num="1"]
「なんだかこの人、距離がやけに近いな。」

「近すぎ!ドキドキしちゃう...!」
[br num="1"]
あんまり仲良くない人に自分の近くに来られて嫌な気持ちになったことはありませんか?
逆に恋人や好きな人にそばに寄られるとドキドキしますよね。

なぜ人によって近づかれるとドキドキしたり、不快に感じたりするんでしょうか?
[br num="1"]
相手によって不快だったり、心地よかったりする距離感のことを「パーソナルスペース」といいます。

モテる人はこのパーソナルスペースを上手に使って、意中の相手にドキドキさせたり、意識させたりしているんです!
[br num="1"]

今回の記事で学べること

  • パーソナルスペースとは何か?
  • パーソナルスペースを上手に使って相手との距離を縮める方法

[br num="1"]
このパーソナルスペース、男女で大きく異なるといわれています。
それを知らずに距離感を詰めすぎると、逆に嫌われてしまう可能性も

パーソナルスペースとは何なのか、上手に相手との距離を縮めるにはどうするべきなのか。
しっかりと学んで、気になるあの人にアプローチをしていきましょう!

それではまいります!
[cc id=1237 title="アドセンス レスポンシブ"]

そもそもパーソナルスペースって何?

パーソナルスペースとは??

パーソナルスペースは1966年にアメリカの学者であるエドワード・ホールが提唱した「コミュニケーションをとろうとしてくる相手が近づくことを許せる距離」のことです。

動物の世界でいう「縄張り」のようなものですね。
そこまで極端なものではないですが、人間にも「縄張り意識」があるということです。
[br num="1"]
エレベーターや電車がとても混んでいて、見ず知らずの人と密着している状態。
とても居心地が悪いですよね。「あー、早く着かないかなぁ…」なんて憂鬱になっちゃうと思います。

でももし好きな人とエレベータや電車に乗っているタイミングで同じ状況になったとしたらどうでしょう?
きっとドキドキしてそれどころじゃないですよね。

恋人と同じ状況になったとしても、他人が傍にいる不快感よりも、恋人と密着してる居心地の良さの方を強く感じると思います。
[br num="1"]
このようにパーソナルスペースは「相手との親密度」で、その広さ(距離感)が変わっていくと言われています。

パーソナルスペースの4つの距離感

パーソナルスペースは大きく4つに分けることができます。
[br num="1"]
パーソナルスペース解説図
[br num="1"]

・親密距離 0~45㎝
ごく親しい仲だとお互いに認識している距離。手で触れられる距離。恋人や家族など、本当に自分が心を開いている相手との距離。
・個体距離 45~120㎝
相手の表情がわかる程度の距離。手を伸ばしてやっと触れられるくらいの距離。友達と認識している相手との距離。
・社会距離 1.2~3.5m
手は届かないけど、会話ができるくらいの距離。初めて会う相手や、ビジネスの場面で用いられる距離。
・公共距離 3.5~7m
複数の相手を見渡せる距離。1対多数の場合など。何人かを相手にした面接や話し合い、講演会など。

仲良くないのに親密距離に入られて「イヤだな...」と不快に感じたり、仲がいいと思っているのに社会距離を保って話されると「嫌われちゃったのかな...」と思うのは、相手に対するパーソナルスペースの持ち方が影響しているのです。

パーソナルスペースは男女によって違う

パーソナルスペースは男女によっても、その広がり方が違います。

男女のパーソナルスペースの違い

・男性の場合
自分の前側に広い
・女性の場合
自分を中心として円を描くように

親密に感じたり、ドキドキする距離感が男女で異なるということは、「男性にとってはパーソナルスペースに入っていても女性にとっては入っていない」ということもあるのです。

男性に対してアプローチしたい場合は正面か斜め前で話すことが効果的であり、女性に対してアプローチしたい場合は横から話しかけるようにすると効果的といえます。

パーソナルスペースには個人差がある

パーソナルスペースには個人差があります。
[br num="1"]
社交的な人はパーソナルスペースが広く、内気な人はパーソナルスペースが狭いです。

相手に対する警戒心が強かったりすると広くなったり、ある程度会う前の情報などで相手に対する警戒心が薄れていたりすればパーソナルスペースは通常より狭くなります。

モテる人の上手なパーソナルスペースの使い方とは

モテる
モテる人の特徴は、このパーソナルスペースを上手に利用しているということ。
つまり相手との距離の取り方がとても上手いのです。

モテる人はどのようにパーソナルスペースを活かしたアプローチをしているのでしょうか?

とにかく距離が近い

モテる人共通でいえること、それはやたらと距離が近いことです。

ちょっとした頼みごとをするとき
何気ない会話の最中
飲み会でとなりにすわったとき

とにかくなにかと距離が近いんです。
でもそれを不快に感じないギリギリのラインで攻めることができるのがモテる人独特の感性でしょうか。

モテる人は、相手との距離を縮めることが打ち解けることの近道であることを知っています。

相手との距離が近すぎても悪印象ですし、遠すぎてもなかなか仲良くはなれません。
その距離感の詰め方の上手さがモテる由縁といったところでしょう。

パーソナルスペースに入り込んで親密度を計る

モテる人はこのパーソナルスペースにあえて入り込むことによって、相手との親密度を計っています。
[br num="1"]
例)

  1. まず普通に相手に話しかける。

  2. 少し話が盛り上がったところでさらに距離を縮めていく。

  3. 相手の反応をうかがう(話や目線をそらしたり、身体を傾けるなど)。

  4. その時の距離感で現在の相手との親密度を判断

[br num="1"]
このときの相手との距離が

  • 45㎝以内→相手は自分に好意がある
  • 120㎝以内→好意はないが友達くらい
  • 120㎝以上→まだまだ警戒されている

といった感じで判断します。
[br num="1"]
「自分に好意がある」と判断した場合に、どんどんアピールして恋愛をモノにしていくんですね。
ボディタッチをしたり、デートに誘っちゃったり。

逆に「まだ仲良しとは思ってもらえてない」と思える距離感ならば、まずはお互いのことを良く知り、仲良くなる方向で会話や行動を進めます。
「今度会社の何人かで飲み会するんだけど来ない?」といった感じですね。
[br num="1"]
モテる人はあえて相手のパーソナルスペースに飛び込み、直感的に「ココロの距離」を計っているのです。

パーソナルスペースを上手に使ってモテる方法

モテるパーソナルスペースの使い方
[br num="1"]
「あの人をなんとか落としたい!」

「好きな人に振り向いてほしい!」
[br num="1"]
そう思うのであれば、距離感を縮めるテクニックを知っておいてソンはありません。
パーソナルスペースを上手く使って相手との距離を縮める方法をいくつか紹介していきます。

  1. ボディタッチを上手く使う
  2. 「理由付け」をして相手のパーソナルスペースに入る
  3. 物を貸し借りする

1.ボディタッチを上手く使う

パーソナルスペースを上手に使うテクニックとして代表的なのがこの「ボディタッチ」

アプローチしたい相手が自分に好意を持っている場合(それを確信できるとき)、これ以上に効果がある方法はないでしょう。
好意のある相手に触れられて嫌な思いをする人はいません。

さりげなく肩に手を置いたり、背中を軽く触ったり、あくまで自然に、違和感のないタイミングを見計らってアクションするのがベスト。
特にお酒の席では相手の警戒心も薄れているので、ボディタッチが成功しやすいです。
[br num="1"]
ここでの注意点は

  1. パーソナルスペースを見誤らない
  2. あまりに多用すると「軽い」とみなされる

の2つ。

相手が自分に対し好印象を持っていない状態で親密距離に入ってしまうと、悪印象を与える可能性があります。
一度悪くなった印象を改善するのは容易ではなく、ここを見誤ると取り返しがつきません。

日ごろから相手との距離感を把握しておくことが大切です。
[br num="1"]
あまりにボディタッチをしすぎると、相手によっては警戒されてしまうようです。

ボディタッチのテクニックを実践する際は、なるべく人目に付かない状況でおこないましょう。
また、何人か狙っている異性がいても誰かれ構わずボディタッチをしてしまうと「チャラい」「軽い」といった悪評が広まり、本命との恋も進展しなくなるので注意が必要です。
[br num="1"]
男女間でもボディタッチの許容範囲は大きく異なります。

女性が男性に対して肩や手に触れても許されることが多いですが、それを男性がやると「セクハラ!」といわれる危険性もあります。

「ボディタッチは自分に好意のある相手に効果的である」ということを忘れないようにしましょう。

2.「理由付け」して相手のパーソナルスペースに入る

違和感なく相手のパーソナルスペースに入るテクニックがこの「理由付け」
なにかしら相手に近づく理由を付けて、相手のパーソナルスペースに入り込むというテクニックです。

先ほどのボディタッチは少しハードルが高いものでしたが、この「理由付け」は比較的簡単で、なおかつ嫌がられない万能のテクニックです。

例)

  • 「背中に糸くずがついてる」といって、取る素振りをして近づく
  • 「服が汚れてる」といって近寄る
  • 「これ見て」といってケータイを見せながら近づく

[br num="1"]
なんの理由もなくいきなりそばに寄られたら「なんなの?」となりますが、何かそばに寄る正当な理由があればそれは「仕方ないこと」。
ゴミや汚れを取ってあげれば「ありがとう」なんて感謝までされることも。

これを何度か繰り返すことによって、だんだんと距離を縮めることができます。

3.物を貸し借りする

自分が持っている物にもパーソナルスペースを持たせることができます。

どういうことかというと、「物を借りたとき、借りた人との距離感まで意識してしまう」ということ。

好きな人から何か借りて使っているとき、なんだか変にその人のことを意識してドキドキしたことはありませんか?
それはつまり「物を通してもパーソナルスペースを感じさせることができる」ということなんです。
[br num="1"]
相手との距離感を縮めたいときは遠慮なく自分の物を相手に貸しましょう!
その物を貸している間は、その人のパーソナルスペースに間接的に入り込んでいる状況。
つまり距離が離れていても自分を意識させることができるのです。

先ほど同様に、「貸してくれてありがとう」と感謝され、会話のきっかけも増えるので一石二鳥なテクニックです。
[br num="1"]
[cc id=2061 title="◇"]
[br num="1"]
[cc id=2061 title="◇"]
[br num="1"]
いかがでしたか?
今回は、相手のパーソナルスペースを理解して、上手にそこに入り込む方法を紹介しました。

モテる人が必ずといっていいほど意識しているパーソナルスペース。
相手との距離感を測り、それを縮めることができれば、どんな人とも仲良くなることができます。

気になる人がいたらぜひ今回の記事で紹介したテクニックを実践してみてくださいね♪
[br num="1"]
[char no=1 char="管理人SHUN"]パーソナルスペースは誰もが必ず持っている感覚。
その存在を意識するだけでも、気になるあの人との距離はグッと縮まるかも!?[/char]

[cc id=1279 title="2カラム"]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-モテる男女のキホン
-, , ,

Copyright© 【モテモ】モテたいアラサー男女のためのWEBメディア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.